記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者による釣り講座~デキハゼ編~

このシリーズはネタが無い時など、細々と続けていこうかと…


一応季節の手軽な魚を、というわけで、今回はマハゼの釣り方についての講座です


東京湾の釣り人なら、一度は釣ったことのある身近な魚でしょう




写真は今月、横十間川で釣ったマハゼ君です


この子は早生まれで少し大きめなんですが、現在主に釣れるのは春に生まれた新子クラスですね


ハゼは基本的に一年魚、春に生まれ、冬に卵を産みその一生を終えます


そのため春から初夏のデキハゼシーズン、秋から初冬の落ちハゼシーズンと、釣り方やポイントが全く違ってくるのです


まぁ改めて季節の魚の特集なので、今回はデキハゼの釣法のみ紹介させて頂きます


まず釣れるポイントですが、マハゼは海から川の中流域までどこにでもいて、ほんとにどこでも狙えちゃいます


強いて言うなら河口や砂浜など、初期は砂地の浅い場所に魚が溜まりやすいですね




江戸川放水路や横十間川など有名ポイントはもちろん、調べれば近所にも釣り場が見付かるはずです


ポイントが分かったら、後はもう釣るだけですよ!


まず竿ですが、初期はノベ竿で十分でしょう


場所によるけど、3.6mもあれば大体の釣り場で間に合うはずです


竿の調子については、後程もう一度触れさせて頂きますね




そして仕掛けですが、また即席で書いてみましたよー


主にウキ釣りと、ウキを付けない釣り(ミャク釣り)の2つに分けられるのですが、自分はミャク派!


というのも、アタリをダイレクトに楽しめるから!


そんなわけで、今回はミャク釣りについて解説させて頂きます


仕掛けは上記の通り至ってシンプル、言っちゃえば道糸にオモリとハリスと針を付けただけですね




オモリはチチワ結びによる結束が望ましいのですが、最初はスナップサルカンを使うか、オモリの結束部から直接ハリスを出しても構いません


ハゼは底べったりにいます、仕掛けを振り込んだらまず底を取ること


なるべく軽いオモリでフワフワと着底させると、それだけで魚が寄ってきます


ウキがないんで、道糸を張って(上下の誘いを入れつつ)アタリを待ちましょう


トゥルル!っと、ハゼって小さくても大きなアタリを出してくれます


餌を吐き出されたり、針を呑まれたりするので、アワセはなるべく早く!


トゥルルの「トゥ」で、もうアワせちゃいましょう


マハゼは群れで移動しますので、アタリがなかったり、遠のいた時は、どんどん移動!


ここで改めて竿の調子についてですが、ミャク釣りならアワセの決まりやすい硬調、先調子のものがオススメですねー




本気でやるなら、写真のSZMから出てる細流小継なんかオススメですね(ステマじゃないよ!)


餌は海水域ならイソメやジャリメ、汽水域ならミミズなんかが定番です




他ホタテやバナメイエビなんかも、意外とコスパも良くオススメですね


餌を付ける、針を外す時間を短くすれば、束釣り(100匹釣ること)も夢じゃないはず!





ただし!ご自身で捌ける範囲で(笑)


少し罪悪感も湧いてしまうけど、デキハゼはかき揚げで最高ですねー






ハゼはこれから冬までロングランで楽しめますので、手堅い釣りがしたくなった時、その元気なアタリに癒されてみて下さい

-----------------------------------


明日から期末考査が始まりますが、先週末は父と少しだけ二子玉に行ってきましたー


テナガが釣りたいという父のリクエストでしたが、袖の2号では針が大きすぎましたね…








ほとんど父が釣っていたのですが、見事にウキゴリ祭りでしたorz

-----------------------------------

釣行時間: 10:30~11:30(1時間)

釣果: ウキゴリ×1、スミウキゴリ×1

出費: 432円(餌432円)

-----------------------------------

今年最も不甲斐ない釣果ですが、一応釣行データだけ…


そろそろまともな魚を釣らないと、釣りブロガーとしての面目がヤバいっす(汗)


追記:


最近はハゼをクランクで釣る釣り方が確立されているようです


実は2年前から雑誌で知って気になっていて、今季こそはチャレンジの予定です!

スポンサーサイト

コメント

1. ご無沙汰してます。

いつも拝見してますが、コメントが久しぶりになります「ぱらりあ」です。

初心者講座良いですね!!!
とても参考になります。
釣果の情報も楽しんでいますが、合間でこう言った情報楽しみにしてます。

先日、今年初めての江戸川放水路でハゼ行ってきました。
130匹程釣れ楽しめました。
ミャク釣りです。

今年は何度か足を運べたらと思っている次第です。
それではまた。

2. さかなクン⁉︎

仕掛けの図に書いてあるイラストを見て、ふと、さかなクンを、思い出しちゃった。
さかなクンは、学生時代、よく授業中に魚のイラストを書いていたんだって。

ノートの一部が気になり、まさか授業中に書いてないよね(笑)?

とは別に、デキハゼ編の後は、彼岸ハゼ編、落ちハゼ編と続くのかな?
おそらく困るのは彼岸ハゼ編の仕掛けかと。さらに横十間川だと、年中同じだしね(笑)

とハードルを高くしつつも次回を楽しみにしてます。

3. こんにちは

解説お疲れ様ですm(_ _)m

今更ながら思ったのですが、横十間川のハゼって、かなり背中が黒々してますよね~

私が通っていた江戸川や船橋方面はもっと茶色っぽい感じです

同じ魚なのに、地域によって差が出るのも面白いですね(  ̄▽ ̄)

4. 無題

かき揚げは思いつきませんでした..美味しそう...。
私はコストと手返しの早さでオキアミかワームの切れ端派です!
本当にお金が無い園児の頃は米粒か花びらか草の茎でしたww

5. Re:ご無沙汰してます。

>ぱらりあさん
ご訪問、ありがとうございます!
少しでも参考になれば幸いです
聖地放水路、実は行ったことがありません…
130匹なんて最高のスタートですねー

6. Re:さかなクン⁉︎

>レベル1さん
えーと、世界史の授業中に書きました(笑)
絵心は全くないのですが、昔から魚の絵だけは描いてました
ハードル上げられちゃいましたねー
とりあえず実際に釣りに行くのみです!

7. Re:こんにちは

>ひとけたさん
横十のハゼは黒くて少しヒレも汚くて、遠征先で茶色や白のハゼに出会うと惚れ惚れしますねー
恐らく川底の色に対応してるのかと…
簡単な釣りでも、楽しみ方も無限大で奥深いですねー

8. Re:こんばんは~

>ヘチ釣り三平さん
やっぱりデキハゼはかき揚げですねー
バナメイで釣れるので、オキアミでも釣れるのでしょう
ワームは食いは悪くても、餌持ちが良いのが魅力ですねー
色んな餌で釣れるので、そういった楽しみ方もありますよねー

9. じょにやんさんのブログに遊びに来ました!

何度も読みに来ているんですけど、はじめてのコメントです!
内容に説得力がありますね♪
それでは、またきます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じょにやん

Author:じょにやん
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。